Bio

TD-5
(English below)
2014年に結成。東京・中央線沿線を拠点に活動する。ポストハードコア、サーフロック、ディスコ等を独自の解釈で奏でる4ピースロックバンド。日本人2名とアメリカ人2名のメンバーが生み出すサウンドは、そこはかとなくトロピカルで良き古き90年台のUSインディーの空気を醸し出す。メンバーはそれぞれ多岐に活動しており、作曲とボーカルを主担当とするEugene Roussinを筆頭に、中川真吾はthe morningsに2014年ごろまで在籍し、Han Han Art、DJ Rallyとしても活動中。また、Sean McGeeはソロプロジェクトSHARKK, LOOPRIDERのドラムも務めている。2016年から新メンバーとして加入した茂木貴史は、Han Han Artとしても活動をしながら、その感性を活かしてイラスト、アルバムジャケット、フライヤー等の創作活動も行っている。ライブ活動をしながら2015年12月に、Call And Response 10周年記念トリビュートアルバム『SMALL LIGHTS – a tribute to MIR -』にカバー曲で参加。2016年10月に1st EP『THUNDER ISLAND』、2017年10月に2nd EP『MODERN MAZE』をリリースしている。

Tropical Death is a post-hardcore band based in Tokyo, formed in 2014 around guitar/vocal/keytarist Eugene Roussin, bassist Shingo Nakagawa, and drummer Sean McGee, with guitarist “Tete” Motegi completing the current lineup in 2016.

Advertisements